13_09_tambo1

気軽にマクロビ的生活

ベーキングパウダーなしでふんわりスポンジが焼ける!?

実家のある福島県南会津にタンボロッジというマクロビオティックのお料理を出す、お宿があります。ここは夕ご飯、朝ご飯が付くのですが、なんと南米料理を卵も肉も魚も、乳製品も一切使わずにおいしい、おいしいご飯を作ってくれます。

先日日本に帰国した際、一泊させてもらってそのご飯を堪能してまいりました♪♪♪

実は、ここのスイーツ、ベーキングパウダーを使わないでスポンジやシフォンまで焼いちゃうというすごいことを研究していて、度々ブログを覗いてはヨダレたらしてたんです。
それで、帰国に合せて、シドニーで手に入る豆乳『ボンソイ」を抱えてその技を伝授してもらってきました〜。
タンボロッジで普段使ってる豆乳は成分無調整の濃いものなのですが、ボンソイは調整豆乳。どこまで近づけるか何度も粉を変えたりしながら試作していただきました。
その時の様子は宿のブログに載せてくれてるのでこちらを見てね>>

写真は上から、タンボロッッジオリジナルの米粉の生地で作ったロールケーキ(感激!)、その脇にちょこっと載ってるのがボンソイで試作した生地、米粉版と全粒粉版。どちらもちょっときめが粗いけど、味はおいしいかった。ここから先は自己練ですな!!!
その下が夕飯で出た米粉のクレープ、うまうまの上馬ビール(笑)、夕飯のメニューボード、最後は朝食のオムレツと植物素材だけで作ったヨーグルト、自家製ドライフルーツ、米粉のパン、スープなどなど。朝夕ともに書ききれないほどのサイドの数々。

いやー、ケチャップも米飴も自家製で、美味なり。

のんびり宿泊してお食事を楽しむだけで、脳みそがニコニコしちゃいます。帰国時におすすめですよー♡
(講習は特別リクエスト&費用が必要)

 

 

08_13ret_day304

気軽にマクロビ的生活

ピースフルに終了♪ 週末半断食リトリート

8月24日(土)から2泊3日で開催された半断食デトックスリトリートは、最後まで楽しくピースフルな中、終了できました♪
春まだ遠い8月・・・「寒いかなぁ」と心配していたのですが、連日ポカポカの晴天に恵まれて、リゾート気分も満喫。目指した通り、参加者全員(私&スタッフも含めて)、心も体もデトックスできたのではないかと自負しています。

初日のウェルカムドリンクから始まって、最初は小さなポーションの食事と、200回噛むのもに戸惑ったという方からも、「最終日の回復食ランチは量も味も大満足」と言ってもらえました。
クッキングクラス4回、朝はストレッチ、瞑想、ウォーキング、午後はマッサージ、レクチャーと盛りだくさんな内容でしたが、みなさん積極的に楽しんで、日を追うごとに柔らかく明るい表情になっていくのが、見ていてすごく嬉しかったです。

終了後、体重1.5kg、体脂肪2.5減、なんていう報告もいただきました。痩せるのが目的ではないけれど、老廃物を排毒した結果、こんな風に数字に表れると、やっぱりやる気出ちゃいますよね。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!!!

次回は2014年3月中旬開催の予定です♪

12_10jiji2

気軽にマクロビ的生活

中島デコさんバイロンベイに来る!

ニュース♡ 昨年「自然と生きる」のイベントで飛び入りトークしてくれた中島デコさんが、今年3月に再来豪してバイロンベイにてマクロビオティックリトリートを開催します。
3月7日から始まる3泊4日のリトリートのほかに、12日は1 day ワークショップも予定されてるみたいです。

中島デコさんは、千葉県いすみ市でブラウンズフィールドや、慈慈の邸をプロデュースしている日本のマクロビオティック界の人気者。
私も昨年10月に日本に帰国した際、デコさんとエバレットさんの半断食リトリートを体験しました!! 身も心もすっきりしましたよ〜(私の身はもうちょっと締まったほうが良いね・笑)。
写真はその時の一コマです。この度の内容は日本でのものとは違いますが、参考まで。

バイロンベイのリトリート詳細は以下になります。
お問い合わせ、ご予約はこちらまで >>>>> decotoz@gmail.com
中島デコ マクロビオティックリトリート in Byron Bay, Australia 



開催:3月7日(木)ー3月10日(日) 

場所:Cloud Temple (Byron Bay Hinterland, Australia)→http://www.takeabreak.com.au/ByronBayHinterland/FarNorthCoastByronNSW/Cloud-Temple-Gardens1.htm 

費用:AU$950~(日本円約9万1千円、早割今だけ!$880〜) 

*費用には宿泊費、食費、リトリート費が含まれます。航空券代は含まれません。 



日本を代表するマクロビオティックシェフの一人、中島デコと行くバイロンベイ/オーストラリアでのマクロビオティックリトリート! 



そのスピリテュアリティで有名なオーストラリア、バイロンベイ。 

かつてはアーティストやヒーラー、サーファーが土地からの癒しを求めてやって来ていたバイロンベイ。多くのヨギーが住み、そのオーガニックなライフスタイルで人々を魅了し続けています。 



今回リトリートを行うのは、バイロンベイのヒンターランド(内陸部)。古くからの熱帯雨林に囲まれ、澄んだ川や漂う雲の中でのリトリートです。 

中島デコとマクロビオティック的生活を送りながら、深く自然と繋がっていき、心と体をゆったりと癒していきませんか? 



リトリートでは以下の内容が含まれます。 

*毎3食中島デコによってデザインされたマクロビオティックフード 

*中島デコによるマクロビクッキングクラス  

*中島デコによるマクロビ哲学講座  

*全米ヨガアライアンス認定講師による毎日の朝ヨガ、夜のメディテーションクラス (J-WAVE Lohas sunday Dj松原広美によるヨガクラス!) 

*マクロビ的散策ーオーストラリアの自然と戯れる 



自分と繋がり、自分を見つめ直す、マクロビオティックに食し、オーストラリアの自然に癒される、デコさんのポジティブな感覚で美味しいリトリート! 

是非またとないこの機会に、デコさんとマクロビオティック的生活を、バイロンベイの奥深い自然の中で行っていきませんか? 



お問い合わせ、ご予約は下記まで 

decotoz@gmail.com

12_11_humusu2

気軽にマクロビ的生活

旬のそら豆でフムス♡

北の台の自然農で育ったそら豆が旬なので、急遽11月18日(日)のイベントで、ほかほか茹で立てと、そら豆フムスを販売予定です!!!

写真は、試作分の鞘をむいた状態のそら豆と茹でたあと。こんなに大量の豆を見たのははじめてでした〜。ちなみに鞘付きの時は、あのIKEAの大バッグ一杯あったのですよ。。。
どんな仕上がりになるか乞うご期待です♪

第3回自然と生きる!Natural life gatheringのテーマは
●自然と生きるって? です。みんな来てね♡

自然と生きるって? がテーマの今回は、ナチュロパス・奥田淳子さんの「ハーブ・フラワーレメディと食事療法」、Bush regenerator・久原辰之助さんの「OZの在来植物保護」、そらまめマクロビオティックの「ところでオーガニックとは」など、このイベントの主旨に迫る講演です。

自然農の元気な野菜、i-white製品、夏野菜のスープ、玄米おにぎり、テンペバーガー、手作りお菓子などの即売、有機野菜や苗、ゴマ製品が当たるラッフルの予定です!
*野菜出店は当日の収穫によります。

自然農、ナチュロパス、OZ在来植物、マクロビオティックについて質問タイムもありますので、この機会に日頃の疑問を尋ねてみませんか?

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

日時:11月18日(日)
開場10:00 *開始までの30分はお買い物も可能
開演10:30〜13:00

会場:Crows Nest Centre クロウズネストセンター
Fuller Hall, Level 3, 2 Ernest Place, Crows Nest
“フリーパーキング”
入場料:大人$20(お子様無料)
定員:80名様 *参加希望の方は定員がありますのでお問合せを!

お問い合せ:0411-151-522 ゆかり 0404-356-433 よし

主催:地球向上委員会、そらまめ
協賛:北之台開発(カウラ自然農ファーム)、CARWARI、タクファーム、 i-white、ソイキャンドルAKARI、ほんだらけ 等

*会場は、ラグ、クッションでリラックスモードです。経絡体操体験もありますので、楽な服装でおこしください。
*マイカップ、マイプレート、マイスプーン(お茶やスープ販売有り)、マイバック(買い物袋)をご持参ください。
前回の様子はこちらから>>>

12_9_dorayaki1

気軽にマクロビ的生活

娘、どらやきを作った

めずらしく家に卵が6個あった。仕事先からのもらいものです。オーガニックの半ダースで8ドルぐらいする高級品(!)。
卵を買わなくなってもう3年ぐらい経つので、どうやって使おうか、考えに考えて、
ひとつは卵かけご飯に(以前大好きだった食べ方/ドキドキしながら食べたらけっこうイケた)
あとの3個は茶碗蒸しに(これは卵の生臭い感じが出て残念。。。具がワカメとネギとシイタケだけだったからかなぁ)
残り2個、どうしようかと悩んでたら、娘が「どらやき作ろう」と言い出した。

作ったことないですけど。。。

インターネットでレシピ探して(しかも英語)、どら焼きの皮(?)を焼き、小豆を煮てはさんだら、どら焼きになりました。
「卵使ったけど、牛乳と砂糖は豆乳と米飴に置き換えたよ、、、」と、娘さん。やるね!

ちょっとパサパサした仕上がりになってましたが、おいしかったです。

ごちそうさま♡

12_8_hukinotou2

気軽にマクロビ的生活

ふきのとう!

近くに畑を借りて早くも2年が経ちました。水やりに行ったり、草むしりに行ったり、なんとなくその存在がうれしくて続いているのだけれど、収穫はいまいち。。。

今まで最高にうまくいったと思えるのが初年度のキュウリかな。週に1本ぐらいは食べれたもんなぁ。
紫蘇もかなり良かった。ほっといたら育ってくれたからね(笑)。あとは、まぁ、虫に食われたり、種まいたら鳥に食われたり、枯れてしまったり、そんなことの方が多かった。。。

と、そんな感慨にふけっていたこの春、というかまだ寒いから冬のようだけど、なんと、ふきのとうが顔出したんです。日本なら、雪どけの頃に出るのよね?

数ヶ月前に、友人からふきの苗をもらって、植えておいたら出てきたのですよ♪

ただし一個だけ。

冬眠から目覚めた熊は、まずふきのとうを食べるんですって。苦い野草は冬の間に溜まった体のいらない物を排出させる働きがあるのだそうです。

熊は本能で知ってるんだね。

だから、私たちも春はこういうもん食べなきゃ!って。。。

天ぷら、酢の物、いろいろ考えたけど、少量でもなんとか形になりそうな、ふきのとう味噌にしました。
だけど、なんといっても一個だけ(しつこい)だから、味はmisoそのもの。苦みは、んーーー、気持ちだけね、気持ち。大事、大事。

しかもほんの少しだったので、あっというまに食べてなくなってしまいました! 写真、なしです。

12_8_makurobi1

気軽にマクロビ的生活

マクロビオティックボウル

ボンダイジャンクションにAboutlifeというヘルスフードストアがあって、カフェも付いてるので時々散歩がてら買い物に行きます。いつも賑わってる人気店です。
そのカフェに最近(?)、マクロビオティックボウルというご飯メニューが加わったとの情報。友人によれば、アーモンドとか、キムチとか味噌ドレッシングがのってるって。のってる???

んー、想像がつきにくい。

で、「こりゃ食べに行かねば!」と、今日行ってまいりました!!

マクロビオティックの料理が食べられるお店、シドニーではほとんどないですから貴重です。おいしかったら通っちゃう〜♪、とルンルン。。

それで出てきたのはこれです。メニューにはシグネチャーディッシュと書いてあり、おすすめの一品のようです。

小ぶりのボウルに入った温かいブラウンライスサラダに、トッピングとしてたまりアーモンド、生のケール、Aboutlife自家製キムチ(!!!)、味噌風味のドレッシング、黒ゴマ、などがザクザクのってるという具合。
味的にはおいしいけど、なんでキムチ? と疑問を抱きつつ半量ぐらい食べたところで、塩っぱさとオイリーさにに耐えられなくなり、コンテナをもらって持ち帰りしました。
サラダに混ぜれば晩ご飯のおかずにできそうなので、やや得した気分(微妙)。

1人前15ドルなり。

世の中は、こんぐらいの味付けじゃないと通らないのか、、、と勉強した次第です。

12_7_Kagajo2

気軽にマクロビ的生活

カガジョ会でゲストトークします

7月22日(日)、夕方6時から開催のカガジョ会でゲストトークしま〜す。

オーストラリアに住む私たち日本人に、役立つ情報を日本語で提供してくれる「月刊ジャパラリア」と、リーズナブルな値段で日本の中古本を揃える「ほんだらけ」、このありがた〜い2社が共同主催するカガジョ会第8回のゲストで、私、そらまめがトークする事になりました。ドキドキ。

テーマは「食べたい飲みたい、でもヘルシー♪」。

“夕べの飲み会で、ちょっと食べ過ぎたなぁ”とか、”飲み過ぎて頭痛っ!”、”きもちわる〜”。。。なんて経験は誰にでもあるはず!?
私自身も過去に何度となく経験して、何度も何度も反省してもう2度と食べ過ぎません、飲み過ぎません、と誓った事か(苦笑)。。。

だけど、お友だちとの付き合いもあるし、会社のパーティもあるし、なかなか避けて通るのは難しいですね。

というわけで、この欲張りなテーマ。
カガジョのみなさんに、食べ過ぎた時、飲み過ぎた時の対処の仕方、飲み過ぎる前にこんなことしておくと二日酔いにならないよ、なんていうとっておきの方法を教えます。

マクロビオティックは、穀物や野菜中心の食事をおすすめするけど、これダメ、あれダメ、っていう厳しいだけの食事法ではないのです。
できれば、動物性食品、砂糖、乳製品、添加物、化学調味料は摂らない方がいいし、摂らなくても栄養問題なし、だけど、大好きならタマには食べて、それらをちゃんと排出できるな体を作る方法でもあるのですよ。

それなら、なんか気楽でしょ?

当日のお食事は、マクロビオティックやベジタリアンではないけれど、クージンという日本食レストランで、おいしい和食や、熱々のお好み焼きがテーブルいっぱいに並ぶようです♪♪
写真は前々回のもので、毎回少しずつ内容が変わるのも楽しみです。

友だちと一緒にでも、おひとり様でも、誰でも楽しく過ごせる会なので、是非気軽にご参加くださーーい。
詳細は以下をご覧ください♪

前回の様子はこちら>>
前々回の様子はこちら>>
●会場:クージン(Kujin, 41b Elizabeth Bay Rd., Elizabeth Bay)●開催日時:7月22日(日)6PM(5:30PM受付開始/必ず6PMまでに受付を済ませてください)●参加費(食事代込み/お酒はワインのみBYO可で、それ以外のアルコール類やソフト・ドリンクは1杯ごとに店内バーで各自購入のこと/キングス・クロス駅周辺にボトル・ショップあり)*事前予約参加(開催日前日5PMまで受付)$35、*予約なしの当日参加$40(※当日参加の人のために開催日当日、ジャパラリアの公式ツイッター<twitter.com/japaralia>で残席状況を随時ツイート!)●参加予約・問い合わせ:ほんだらけ フル・オブ・ブックス ☎ (02)9261-5225 E-mail: hondarake*gmail.com(*印を@マークにして)

12_6_sandy3

気軽にマクロビ的生活

休日のPotluck lunch

とある休日、友人宅でポットラックランチがありました。持って来るのは、マクロビオティック的料理、という指定だったので、集まったのは当然、野菜や穀物たっぷりの、滋養がありそうなものばかり。

日本ぽい食材なのに、見た目と味は完全に洋風な小豆とカボチャのスープ、カリカリのキヌアがアクセントののパイ、優しいお味のキャベツのプレスサラダのほか、季節野菜のソテー、具だくさんのり巻き、玄米おにぎり、きんぴら、グラタン、グリーンサラダ、アップルのデザート、おかゆパンまでありましたよ♪

庭には、大きな鍋に番茶を沸かして、お玉ですくってコップに入れて飲むセルフサービスポイントも用意されてて、香ばしいにおいが漂っていました。

ランチに招待してくれたのは、SandyさんとStevenさんのお二人。マクロビオティックを実践してる友人がたくさんいるので(橋本宙八先生の半断食リトリートに参加したことある人も数名いました)、一緒においしい時間を過ごしましょう、という企画を立ててくれたのです。

お天気が良くて、おいしくて、豊かな時間が流れました。

あ〜、おいしいかった。ほんとにおいしかった。

シドニーには、外でマクロビオティックの料理が食べれるところ少ないので、うれしかったなぁ。。。感謝。

12_5_sinia1

気軽にマクロビ的生活

シニア会で指ピンチ体操

先週、チャッツウッドで開かれたJCSシニア会の5月例会に呼んでもらい、「病気予防と改善法」のお話をして、みなさんと一緒に経絡を使った「指ピンチ体操」をしてきました〜☆

お話は、みなさん気になっている、夜中のトイレのこと、いびきや不眠のことなどを中心に、腎臓や膀胱にまつわる不快な症状を解消する方法。

そして、体の経絡が集中している、手と足の指を刺激する指ピンチ体操をご紹介して、みなさんと一緒にやってみましたよ。

会は、毎月第3土曜日に開催されているそうで、みんなでその月生まれの方のお誕生日を祝ったり、おいしい和食のお弁当を食べたり、時にはゲームをしたりして、楽しい時間を過ごしているのだそうです。

総勢40人以上の人生の大先輩方の前でお話しするのは大変緊張しましたが、みなさん気楽に質問などしてくださったので、途中からは落ち着いて応答することができました♪

私は元気になる方法を話に行ったのですが、みなさんとっても生き生きして、和やかで、私の方が元気をもらって帰ってきたような感じです。

楽しいひとときをありがとうございました。また呼んでくださいねー♡

 

集合写真.jpg