気軽にマクロビ的生活

シニア会で指ピンチ体操

先週、チャッツウッドで開かれたJCSシニア会の5月例会に呼んでもらい、「病気予防と改善法」のお話をして、みなさんと一緒に経絡を使った「指ピンチ体操」をしてきました〜☆

お話は、みなさん気になっている、夜中のトイレのこと、いびきや不眠のことなどを中心に、腎臓や膀胱にまつわる不快な症状を解消する方法。

そして、体の経絡が集中している、手と足の指を刺激する指ピンチ体操をご紹介して、みなさんと一緒にやってみましたよ。

会は、毎月第3土曜日に開催されているそうで、みんなでその月生まれの方のお誕生日を祝ったり、おいしい和食のお弁当を食べたり、時にはゲームをしたりして、楽しい時間を過ごしているのだそうです。

総勢40人以上の人生の大先輩方の前でお話しするのは大変緊張しましたが、みなさん気楽に質問などしてくださったので、途中からは落ち着いて応答することができました♪

私は元気になる方法を話に行ったのですが、みなさんとっても生き生きして、和やかで、私の方が元気をもらって帰ってきたような感じです。

楽しいひとときをありがとうございました。また呼んでくださいねー♡

 

集合写真.jpg

 

気軽にマクロビ的生活

一ヶ月以上も経つのにUPしてなかった!!!

2月末にセイタン作りのワークショップを開催していたのに、ウェブアップしてませんでした。ふと気がつけば、もう一ヶ月以上もたってるじゃない。いやー、月日の経つのが早くて早くて、ついて行けてない。。。

というわけで、大変遅ればせながら2クラス分まとめてご報告!!

セイタン(グルテンミート)を作るところから始めて、それを唐揚げに。

はじめはみなさん何ができるか半信半疑。だって、材料が小麦粉と水だけなんですから。

粉をこねて、水で洗って、洗って、洗って、を何回も繰り返して、途中バラバラになりそうになったり、脳みそみたい(!)になったり、ドキドキハラハラ。

なんとかまとまったところで、だし汁で煮て、ようやく食べ物らしく見えてきました。

煮上がったセイタンにスターチをはたいて、油でカラリと揚げたら、どこからどう見てもトリ唐揚げ。

醤油、みりん、玄米酢、コンブでポン酢も作り、大根おろしを添えて、ポン唐です。

玄米と、黒ゴマ塩と、プレスサラダ、お味噌汁をよそって、定食やさんみたいになりました。

デザートは、黒ゴマプリン。葛と寒天でつるりんッ。

盛り付けた写真を撮り忘れた(!)ので、でき上がりはこちらをご参照♪>>>

いつになく神妙で、いつもどうり楽しくて、おいしいクラスでしたよ〜。

気軽にマクロビ的生活

東京ジャズカフェでベジキッシュ

朗報♪ ボンダイジャンクションの東京ジャズカフェでオーガニック野菜たっぷりの、ベジキッシュが食べられます。

何をかくそう(かくしてないけどね〜!)、3週間ほど前から、そらまめのキッシュをメニューに加えてもらいました。

週ごとに、具に入れる野菜が変わります。そう、旬の野菜をふんだんに使うからなんです!!!
生地にも具にも、卵、ミルク、バター、シュガーは入ってません。粉も全粒のスペルトフラワーで、完全マクロビオティック仕様ですから、ベジタリアンも、ビーガンの方も安心して召し上がっていただけます。

もちろん、普段お肉や卵を食べてる方でも、おいしいって、感じてもらえるはずです。

ちなみに、先週は、オージーに大人気のポテト&ケール&オニオンのキッシュ、その前はリーク&ズッキーニ&マッシュルームや、ポテト&インゲン&シャロットでした!

今週はどんな野菜がいいか、季節と相談中でーす。楽しみにしてね♪

Tokyo Jazz Cafe
Shop 2, 51-53 Spring St., Bondi Junction
Tel: 9387-3332
http://tokyojazzcafe.wordpress.com/

 

 

気軽にマクロビ的生活

新年ベジ飲茶

新年あけましておめでとうございます♪ 今年は元旦からお天気が良くて、夏らしくなり、素敵なお正月となりましたね。

2012年が誰にとっても良い年になるよう、心から祈っています。

さて、食い始めではないのだけれど、シティのボディ(Bodhi)というベジタリアンチャイニーズで女子4人、飲茶してきました〜。
木陰にテーブルがあって、オープンカフェみたいなお店です。

透明なぷるぷる皮のダンプリング各種、春巻き、餅米の蒸しもの、タロイモのコロッケ、大根餅、などなど、おなじみのメニューが、全て肉もシーフードも使わずに、おいしい飲茶になっていました。
人気デザートのマンゴープリンも動物性のゼラチンではなく寒天を使ってるので、ビーガンやマクロビオティック実践中の人でも大丈夫な感じ。もちろん、お肉好きの人たちでも、ここはイケると思います!

しっかり目の味だったので、お茶たくさん飲んじゃいましたが、野菜もできるだけオーガニックのものを使用していて、化学調味料は使ってないってことなので、シドニーでは希少な、安心レストランです。

本日も良い天気。木もれ日がキラキラときれいで、外の席に座ってるのが心地よくて、おしゃべりにも花が咲いて長居。。。。。そして、食べ過ぎてしまいました!!!

年末からの食べ過ぎ、反省してたはずなのにね。

気軽にマクロビ的生活

味噌を仕込んでみた

長年の懸案だった味噌作りに挑戦してみました♪ どきどきしましたよ。だって、ちゃんとした味噌になるかどうか、1年後まで結果が分からないんですから。

まずは、KIJで習った味噌作りの資料と、雑誌に載ってた「味噌作り名人さん」の記事と、何かの付録に付いてた老舗味噌蔵の作り方、というのを、読み比べるところから開始。

むむむむむ、どれも同じようで違う。塩の分量、重石のしかた、途中のチェックポイント。。。。。

そこで、面倒くさがりの私は、それぞれの行程の中から一番簡単にできそうなのをピックして、ミックスした作り方にしてみることに。

味噌仕込みは寒い時期に、3月(日本の)ぐらいまでが限界、ということなので、9月(シドニー)はギリギリOKかな。。と踏み切りました。でも、暖かかったのこの日。

友人Kちゃんのお勤め先JTTさんから麹を入手。乾燥麹なので、取り扱いが簡単なハズです。たぶん。

あとはオーガニックの大豆とシーソルトと水、材料はこれだけなんです!!! 知ってるけど知らない、シンプルさ。

そして、やり始めてみると、作り方もシンプルでこれまたビックリです。

-前の晩から大豆を水に浸けて

-翌日大豆が柔らかくなるまで煮て

-大豆をつぶして

-麹と塩と合せたものをつぶした大豆に混ぜて

-容器に入れて、重石(袋に入れた水)を乗せて

-蓋して遮光

あとは、来年まで待つ。以上でした〜。

味噌の効能については、以前紹介したことがあります。

現在オーストラリアのオーガニックショップなどで売られている有機味噌は、3月の震災前に日本から輸入されているものだそうで、この先どうなるのかは今は分からない状態。

やはり自分で作って行けるようになったらいいんだなぁ、と重い腰を上げて、初挑戦してみたんです。

さぁ、来年の今頃、手前味噌(!)食べたよ。おいしい!! なんてことがここで紹介できるでしょうか?! 祈ってね♡

写真は、大豆を水に浸けたのと、塩と麹を混ぜたとこです。肝心の大豆をつぶす図とか密閉する前の図とか撮るはずだったのですが、手が大豆まみれで撮れず、蓋をしてから、あーーーっと思った時にはもう遅し。だって、蓋したらもう開けちゃいけないんですから(笑)。来年のお楽しみになってしまいました♪

気軽にマクロビ的生活

赤ちゃんたちと一緒に離乳食作りました

もうひとつのチャレンジは離乳食クラスです♡ 1歳未満のラブリーな赤ちゃんたちも一緒に参加です。
8ヶ月の男の子がいる、I さんのお宅に伺って開催しましたよ。

途中、おむつタイムや授乳タイムもはさみながら進みました。

長い時間だったのに、赤ちゃんたちグズったりしなくてビックリです。

大人用のメニューは3月のワークショップでやった、日本式のルーから作るカレー、玄米ご飯、豆腐マヨネーズのポテトサラダ、切り干しの福神漬け、オートミールのクリームキャラメル。

離乳食は、大人用を作る過程で味付け前にニンジン、ポテト、セロリとスープ少々を取り出して、すり鉢でグルグル、玄米は炊けてから小鍋に取り分けておかゆに、クリームキャラメルはカラメルソースをかけずにそのまま。。。とお母さんたちがてんてこまいにならなくてすむように、工夫しました。

赤ちゃんたち、初めての玄米体験なので食べてくれるか心配でしたが、

パク、むにゃむにゃ、なんだこれ?
パク、もぐもぐ、けっこうおいしいかも。。
パク、パクパク、おいしい!
パクパクパク、もっとちょうだい!!

野菜のつぶしたのも、オートミールのデザートも、同じようによく食べてくれました♪

3人の赤ちゃんたちの月齢はちょうど1ヶ月ずつ違い。たった1ヶ月ずつしか違わないのに、食べ方や遊び方に段階があって、なつかしくて、神秘的で、感動的でした。

お母さんたちも、子育て奮闘中で大変そうだけど、みなさん赤ちゃんに負けずラブリーで、初々しくて、素敵でした♡♡

離乳食や、子供メニューはこれからもどんどんやっていきたいテーマです。
子育て、応援してますよ〜。

気軽にマクロビ的生活

豪酒の工場を見学に

先週のことです。オーストラリアの米と水を使って日本酒を造っている「豪酒」さんの工場を見学しに行ってきました。

シドニー郊外のペンリスという所にその工場はあります。日本で450年以上の伝統を持つ、小西酒造のオーストラリア現地法人なんだそうです。

まずは、豪酒の歴史や醸造過程などのDVDを鑑賞してから工場内へ。

一歩中に足を踏み入れただけで、麹の甘〜い香りに包まれ、なんとも幸せな気分に♪

営業部長の田代さんと、杜氏の植木さん、素敵なお二人の丁寧な説明を聞きながら、工場の隅々まで見せていただきました。

なんとなく木の樽が並んでるような古いイメージを抱いて行ったのですが、なんのなんの、とっても近代的な工場で、精米機、洗米機、タンク、瓶詰め機械、どれをとっても規模が大きく、圧巻でしたよ。

そして、日本酒はワインのように酸化防止剤や保存料などを入れなくても大丈夫ということをお聞きして、安心して飲めるんだなぁ、と感激しまして、、、一番楽しみにしていた試飲タイムとなりました。(飲み過ぎていいってことではないですね、はい)

清酒で造ったという梅酒、原酒、など数種類のお酒をいただき、昼間っから。。。状態。

友人の車に乗せてもらって行ったので、酔いが冷めるまで付近を散歩して、帰路に着きました〜。

敷地内には、ちょうど花が咲き始めた紅白の梅の木があって、どこか懐かしい、のどかな風景が広がっていました。

8月の末頃はもろみの時期だそうで、その頃に再訪できたらいいなぁ、と思っています。

お酒好きなら一度は行ってみたい所です♡
Go-shu
29 Cassola Place, Penrith NSW 2750
TEL: 02-4732-2833
www.sun-masamune.com.au